ピアス

 

ファーストピアスはピアスを通すためのホールを皮膚に作るため長時間皮膚に装着している必要があります。 細菌感染を起こさないように清潔な処置を行い、金属アレルギーになりにくい素材を使用する必要があります。また短すぎたり、細すぎるピアスを使用するとホールが完成する前にピアスが皮膚に埋もれてしまったり、ホールが狭くなる、不潔になり感染をおこしやすいなど後々トラブルを起こす元になります。

ファーストピアスは医療機関で医療用ピアスを使用してするのが安全です。

 

ピアシングは医師がおこないます

医療用として認可された純チタン製ファーストピアスを使用して医師がピアスを開けます。

ピアスは1つ1つ滅菌されたパックに入っていて清潔に扱えるようになっています。 耳たぶを締め付けないロング軸で太さもファーストピアスとして適合したものです。

金属アレルギーの方でもピアスができます。

金属アレルギー対応ピアス(純チタン製ファーストピアス)を用意しています。

(*耳たぶのみおこなっております。軟骨部、ボディーピアスは開けておりません。

*ピアストラブルが起きても医療機関なのですぐに対応できます

ピアスホールの化膿やかぶれが起こった場合でもご相談ください、適切な治療をします。

 

ピアシングのながれ

1.耳たぶの状態・厚さの診察後、装着希望部位をマーキングします。

  • クリニックに用意してあるピアスのなかから装着希望のものを選んでください。

 

2.装着部位を消毒し、ピアスガン(ピアス装着器)でピアスを装着します。

 

 

3.アフターケアの説明を受け終了です。

 

ピアスを開けたあとのケアについて

ピアスを開けた後ピアス穴の内側に皮膚がはり完成するまでは時間がかかります。ピアスを外さないように入れたままにしてケアをおこなってください。

1.洗髪後にやさしくシャワーをかけてピアス軸の周囲を洗いながします。

2.入浴後は綿棒などで水分を拭き取り消毒ます。

開けた後1週間は毎日ケアをおこなってください。

※ピアスを開けてから6~8週間ぐらいしたらファーストピアスを外します。 キャッチはとれないようにしっかり入っています。 自分で外せない場合はご相談ください。

※ホールが安定するまでの期間は個人差があります。 開けた後半年ぐらいは抜いたままにしないで、なるべくピアスを入れておくようにしてください。

 

ピアストラブルの治療

・ピアスが皮膚に埋もれてとれなくなった。 ・ピアスホールが痛む・汁が出る・赤く腫れて膿がでる。 ・周りの皮膚が赤くかぶれてしまった。 などのピアストラブルの治療を行っていますのでご相談ください。

 

ファーストピアスの費用

ピアス穴開け 両耳 6480円  片耳 4320円

(医療用ファーストピアス代 診察代を含みます)

予約なしでもできますが、予約を取られた方が待ち時間が少なくなりますのでご利用ください。